Blog&column
ブログ・コラム

飛び石によるフロントガラスの傷は修理が必要?

query_builder 2021/08/13
コラム
12
常に気をつけてを運転していても、前から小石が飛んできてフロントガラスに当たってしまうこともありますよね。
多くの場合はそれほど大きな傷にはなりませんが、そのままでは検に通らない可能性があるので直す必要があります。
しかし、全てのケースが修理で直るわけではなく、フロントガラスの交換が必要になるケースもあります。
そこで今回は、フロントガラスの修理か交換かの判断基準と、飛び石による被害を減らす方法について解説していきます。

▼フロントガラスの修理か交換かの判断基準
まず修理で直せる傷の特徴は、「傷の位置がフロントガラスの端から10~20cm離れている」「500円玉ほどの大きさの傷」「傷ができて時間が経っていない」ということです。
これらに当てはまれば、修理で直せる可能性が高いでしょう。
一方、修理ではなく交換が必要になる傷の特徴は、「傷がフロントガラスの端にある」「500円玉より大きな傷」「傷ができて長期間放置した」ということです。

▼飛び石による被害を減らす方法
飛び石による被害は自分ではなく周囲が原因となっていることが多いので、いくら気をつけていても全てを避けることは不可能です。
しかし、運転する際に「スピードを出し過ぎない」「大型やスポーツカー、タイヤの溝の幅が大きい四輪駆動の後ろをなるべく走らない」「間距離をとる」などを気をつければ、飛び石の被害を減らすことはできます。

▼まとめ
飛び石によるフロントガラスの傷は、場合によっては交換が必要になるので早めに業者に相談しましょう。
弊社は保険修理となる場合にも対応しているので、修理をお考えの方は気軽にご相談ください。

NEW

  • マツダ アテンザ バンパー修理

    query_builder 2021/06/18
  • は購入と修理のどちらがお得?

    query_builder 2021/11/22
  • 修理から納品までの流れとは

    query_builder 2021/11/15
  • のへこみは放置しても大丈夫?

    query_builder 2021/11/08
  • キズを自分で消せるツールがある?

    query_builder 2021/11/01

CATEGORY

ARCHIVE