Blog&column
ブログ・コラム

のへこみは放置しても大丈夫?

query_builder 2021/11/08
コラム
26
初心者の時などは、うっかりを塀などにぶつけてしまい、体がへこんでしまうこともありますよね。
大きくへこんだなら別ですが、小さなへこみなら放置しても良いと思うこともあるでしょう。
果たしてのへこみは放置しても大丈夫なのでしょうか?
詳しく解説していきますね。

のへこみは放置すると危険
体が少しへこんでいても、運転には特に支障ありませんよね。
しかしがへこんだということは、外部から大きな力が加わったということです。
大きく目立つわけではなくても体には必ずキズがついていますし、そのまま放置するとキズの部分からどんどん腐食してしまうでしょう。
しかも厄介なことに、腐食は外側から見えないことも多いです。
気付かないうちに塗装の内側に侵食していることもありますから、のへこみを見つけたらぜひ早めに修理してください。

■へこみの修理はプロに依頼しよう
最近は何でもDIYで直すのが流行っているので、のへこみについても内側から叩いたり、熱で温めて直す方法など、色々なノウハウが出回っています。
しかし一般の方の手による修理の場合、よほど技術に自信がある方でなければ、へこみを修理できたように見えても
実は内部で金属が傷んでしまっていることもあります。
ぜひ無理をせず、専門業者にお任せください。
Grace Fareでも、のへこみの修理を随時お引き受けしています。

▼まとめ
体は金属板でできていますが、金属というのは強度が高い反面、錆や腐食には非常に弱いです。
小さなキズでも命取りになることもありますので、微小な不具合でも放置することなくすぐに対処していってくださいね。

NEW

  • マツダ アテンザ バンパー修理

    query_builder 2021/06/18
  • 交通事故時の対応はどうする?

    query_builder 2022/01/15
  • カーライフを楽しむポイントは?

    query_builder 2022/01/01
  • 中古の輸入でありがちな失敗は?

    query_builder 2021/12/22
  • 運転が楽しくなる方法は?

    query_builder 2021/12/15

CATEGORY

ARCHIVE